コーヒーはお好きですか?

2018年04月3日

こんにちは!ユーカリが丘にありますルナ整骨院です。

こちらは、矯正施術、鍼施術のほか、美容鍼や交通事故施術も行っておりますので、

お気軽にお問合せ下さい。

 

さて、皆さんはコーヒーはお好きですか?

コーヒー派、紅茶派などで分けるとしたら、私は断然コーヒー派です。

朝の目覚めの1杯から始まり、午前中に2.3杯。ランチに1杯。

午後はリラックスタイムで2.3杯。日常生活には欠かせなくなっているほどです。

そこで、コーヒーについて少し調べてみました。

コーヒー豆は、全世界約60ヶ国で生産され、およそ200のも種類があるんだそうです。

主な生産はブラジル、コロンビア、インドネシア、ケニアなどの赤道直下の国が多いようで、

それぞれ、栽培地の風土や気候に合った方法で生産されていますので、

味や形、香りなどが微妙に変わってくるんですよ。

そんなコーヒー豆は、”豆”として木になっているわけではありません。

アカネ科の植物で「コーヒーノキ」の果実の中に入ってる『種』なのですよ。

コーヒーノキは白くてかわいい花が咲き、緑色の実になり、実が完熟すると

真っ赤な実に変化し、その中の種を高温で焙煎することで、私達がよく目にする

茶色のコーヒー豆になるのです。

そんなコーヒーが持つパワーをいくつか紹介します。

 

良く知られているのが、【カフェイン】ですね。

眠気防止に良いと聞いたことがあると思いますが、なぜ眠気が覚めるのでしょう?(・・?

それは、脳の中の細胞の1つに、睡眠物質「アデノシン」があります。

アデノシンは脳の活動を抑えたり、睡眠の中枢に働いて脳全体を眠らせたりする

働きがあります。そのため、アデノシンが脳に溜まってくると強い眠気を感じるのです。

カフェインには、アデノシンが神経細胞に作用するのを邪魔する働きがあると

言われています。

カフェインの作用は摂取後30分から2時間がピークですので、時間を理解したうえで

賢く利用したいものですね。

 

カフェインのほか【クロロゲン酸】は聞いたことはありますか?

クロロゲン酸の方が多い割合かもしれません。

こちらは、血糖値の上昇を抑え、血糖値を下げるインスリンの効果を上げることにより、

糖尿病予防になるのではないかと言われているそうです。

 

最後にとっておきの情報です。

二日酔い時のズキズキ頭痛にも活躍するようです。

二日酔いは肝臓がアルコールを分解する過程で出る「アセドアルデヒド」が

体内で発生し、脳に行き渡り、脳の血管を拡張してズキズキが起こるのです。

コーヒーのカフェインには、血管を収縮する働きがあると言われています。

ズキズキ頭痛も緩和され、利尿作用により体内のアセドアルデヒドを早く追い出す

ことができると期待されているそうです。

 

大好きで毎日飲んでいるだけなのですが、いいこともありそうです!

 

ページの一番上に戻る