キムチ

2018年01月18日

こんにちは♥ルナ☽整骨院です。

 ルナ整骨院では、交通事故の施術も行っておりますので、

ご相談ください。

専門のスタッフが対応致します。

 

韓国旅行から帰国した友人から、お土産でキムチをもらいました。

キムチを食べるのは久しぶりでしたが、なんだか数日体調がいい気がします。

キムチは食べるだけで様々な美容効果があるんですよね!

・便秘の解消

キムチに含まれる乳酸菌は、1億から数億に達するといわれています。

このキムチに含まれる乳酸菌と腸内の乳酸菌が合わさることで、さらに胃腸の働きが活発化し、便秘が解消されるそうです。また、便秘が改善されることで、腸内環境が整うため、ニキビや肌トラブルの改善への効果も期待できます。

・美肌効果

乳酸菌の作用に続き、キムチに含まれるβカロテンは、摂取されてから肝臓へ蓄積されると必要に応じて「ビタミンA」へ変換されます。変換されたビタミンAは体内で他の栄養素の働きを促進し、肌や臓器を保護する働きがあるため、肌の美しさを保護してくれるようです。

・エイジングケア効果

変換されずに体内に残ったβカロテンは、強力な抗酸化作用を持っており、体内に発生する活性化酸素を除去したり、老化の促進を抑える効果があります。

・ダイエット効果

キムチには、発熱効果を持つ「カプサイシン」という成分が含まれ、運動前や入浴前などに摂取することで代謝がよくなり、脂肪が燃えやすくなります。

キムチの効果的な食べ方

キムチをそのまま食べると、辛くて苦手なため、納豆と一緒に食べるのがマイ定番でしたが、なんとその組み合わせが最強みたいなんです。

知らずに食べていたから、なんだかうれしかったです☺

<納豆キムチ>

納豆に含まれる乳酸菌がキムチに含まれる乳酸菌のエサとなるため、キムチ単体で摂取するより、乳酸菌の量が増え、整腸作用の効果が増します。

また高い美肌効果や血液系の病気予防などにも効果を期待できます。

その他にも。。。

<キムチ鍋>

キムチの効果で美肌とダイエット効果を得られるのはもちろん、ニンニクや豚肉などと一緒に摂取することで、アリチアミンと呼ばれる疲労回復成分が生まれるため、美肌はもちろん疲れを取ってくれる効果があります。

いくら健康に良いからと言って、極端に食べ過ぎてしまうと、唐辛子の刺激が強すぎて、胃痛や便秘、下痢を引き起こすこともありますので、注意が必要です。

また、白菜キムチには30gで塩分が0.7g含まれていると言われ、一般女子の1日の塩分摂取量は7.5gが理想とされていますので、食べ過ぎは塩分の摂り過ぎになる恐れがありますので注意が必要です。

1日50gを目安に健康維持、美肌を目指しましょう。

 

 

ページの一番上に戻る