こすらない美容法

2018年03月28日

こんにちは!!ルナ☽整骨院です。

こちらは矯正施術、鍼施術のほか、美容鍼、交通事故施術も行っておりますので、

お気軽にお問合せください。

 

毎日のスキンケアで、無意識に行ってしまっている肌を「こする」という行為。

この「こする」ことが、シミやシワ、顔のたるみを作り、肌を劣化させてしまう原因になると言われています。

 

「こすらない美容法」具体的には??

~クレンジング~

無駄な摩擦が生じないよう、滑りの良いオイルクレンジングがおすすめです。

目の周りは特にしっかり落とそうとこすってしまいがちなので、ゆっくり丁寧に落としてください。

色素沈着も防ぐことができます。

 

~洗顔~

朝晩行う洗顔ですが、洗いすぎないことが重要です。

洗顔料を使うのは、夜の洗顔時のみにし、朝の洗顔はぬるま湯ですすぐだけにしましょう。

洗顔料を使う際は、よく泡立ててから顔につけるようにしてください。

泡立ちにくい場合は、泡立てネットの活用がオススメです。

洗い流す際は、こすらず、パシャパシャを水をかけるように洗いましょう。

 

~化粧水~

化粧水はコットンを使わずに、素手でつけるようにしましょう。

コットンを使うと、繊維の摩擦で肌を傷つけてしまい、シミやシワに繋がることがあります。 

また化粧水は肌をたたくのではなく、押し付けるように肌へ浸透させていってください。

 

~クリーム類やファンデーション~

まず、おでこ、左右の頬、鼻、顎に乗せてから、広げていくことで、摩擦を減らしましょう。

広げる際は、こすらずにポンポンと肌に押すように塗っていくようにしてください。

毎日の生活習慣に「こすらない」美容法を取り入れて、美肌を育てましょう。

 

 
 
 
 

ページの一番上に戻る