かゆみ

2018年03月21日

こんにちは!!

ルナ☽整骨院です!!

ルナ整骨院は交通事故の施術も行っておりますので、お気軽にお問合せ下さい。

 

長い冬が明けて春がやってくると、うれしい反面、気になってくるのが「かゆみ」の症状。

「目がかゆくて辛い」、「鼻がムズムズする」、「肌がカサカサしてかゆい」など、春のかゆみはひとそれぞれ違います。

症状が1つのこともあれば、至るところが痒くなってしまうことも。

本当に辛いですよね。

今日は自分でできるセルフケアをご紹介したいと思います。

 

花粉や埃は持ち込まない

春のかゆみの原因の多くは「花粉」と「ほこり」です。

外出して帰ってきたとき、その服を着たまま室内に入ってしまってませんか?

洋服や髪の毛などに付いていた花粉やほこりが室内に入り込んでしまい、症状を悪化させる原因となります。

家に入る前に、玄関でコートを脱いだり、カラダに付いた花粉などをよくはたいてから室内に入るようにしましょう。

花粉や埃は目に付いたり、呼吸と共に鼻や口から体内に入ってしまいます。

外出する時は必ずマスクやメガネをして、カラダに余計に取り込まないように心がけましょう。

布団や洗濯物はなるべく室内干しや布団クリーナーを使いましょう。

春になると天気が良くて外に布団や洗濯物を干したくなりますが、花粉のついた布団や衣類は悪化のもと。

なるべく室内に干すか、乾燥機や布団クリーナーを使うようにしましょう。

 

かゆみのもとになる乾燥を徹底ケア

春のかゆみは花粉やほこりだけが原因とは限りません。

乾燥も実はかゆみの原因や悪化の要因になっていることも。

乾燥した肌はバリア機能が低下して、かゆみや赤みなどの肌トラブルを引き起こしやすいのです。

乾燥というと冬場に多いイメージですが、実は春も乾燥しがちな時期。春は湿度が低い状態で温度が上がる為、肌が乾燥しやすくなります。

また、紫外線の量も関係があります。

保湿に力をいれてみてください。

かゆみの原因になる乾燥をふせぐため、普段の倍くらいの時間をかけて、念入りなスキンケアをしましょう。

特に肌が荒れやすい鼻の周りなどは、ワセリンのように低刺激の保湿剤がおすすめです。

鼻の周りに塗っておけば、花粉の鼻への侵入を軽減することもできます。

 

アロマの力をかりてみましょう

かゆみ自体を取り除く効果はありませんが、爽快感を得られるので、ムズムズ感を和らげることができます。

鼻のムズムズにおすすめなのは「ユーカリ」です。

ユーカリには気持ちをすっきりさせる働きがあり、ボーットしやすい鼻のムズムズの時にぴったりです。

鼻の通りを良くして気分を変えたい時には、手軽にアロマを楽しめる芳香浴がおすすめです。

 

ハーブティなどもいいですね。

鼻のムズムズにはカモミール、ネトル

目の悩みにはアイブライト、ミント

など夜寝る前に飲むとリラックス効果も高まりますよ!!

 

 

 

ページの一番上に戻る