お雑煮

2016年12月29日

こんにちは♥ルナ☽整骨院です。

 

お正月と言えば、皆さん「お雑煮」を食べると思いますが。。。

そもそも、何故、お正月に「お雑煮」を食べるのでしょうか。。。?

 

お雑煮の由来は?

お雑煮というのは1年間無事に過ごせますようにと祈って食べる料理です。

そのお雑煮の歴史ははるか室町時代にまで遡ります。

あの足利義満が金閣寺を経てていた頃、お雑煮は宴会の一番初めに食べる習慣がありました。

宴会の一番初めに食べることから縁起が良い料理とされていて、

それから一年の初めにお雑煮を食べるようになったみたいです。

そのときのお雑煮のお餅は一般人では高くて手に届かなかったので、里芋を代用していたそうです。

ホクホクして美味しいかもしれませんね。。。

それから江戸時代になって、一般人でもお餅がメインの今のようなお雑煮が出来ました。

そんな昔からお雑煮の歴史ってあったんですね。

 

正月に食べるのは間違い!?

お雑煮。それは正月3が日に食べる食べ物です。

別に大晦日に食べてもいいのでは。。。?

そうすると、年越しそばは。。。?

そう思うかもしれません。

大晦日はその土地の神様がお家に帰ってきます。

だから大晦日に帰ってくる神様へのお供え物としてお餅を飾っていました。

そしてそのお餅や収穫物をお下がりとして煮て食べたものがお雑煮となったようです。

だからお雑煮はお正月に食べるのです。

 

「雑煮」の言葉の意味は?

何でお雑煮って言うのでしょうか?

昔はお雑煮のことを「烹雑(ほうぞう)」と呼んでいたそうです。

その「烹雑(ほうぞう)」の「烹」は「煮る」という意味がありました。

そしてその「烹雑(ほうぞう)」が「煮雑(にまぜ)」という文字になり、

「煮雑」がひっくり返って「雑煮」になったとも言われています。

だから「雑煮」にはいろいろなものを煮合わせたという意味が込められています。

お餅以外にもかまぼこ、ほうれん草、牡蠣や穴子など各家庭でいろいろな物を入れますから、

確かにごった煮かもしれませんね。。。

 

お餅の形にも意味があります!?

お雑煮のメインとなるお餅は丸餅と角餅と2つあり、地方によって違います。

この2つのお餅はそれぞれに何かしらの意味が込められているようです。

・丸餅・・・家庭円満、人間の魂、豊作を表す

・角餅・・・「敵をのす」という言葉からのしもちを切るので、縁起が良い

ちなみに角餅の「敵をのす」と言う言葉は、敵を倒すという意味です。

今では2つに分かれていますが、元々は丸餅を食べるものだったそうです。

しかし1度に沢山作れる角餅が流行して、地域によって差ができました。

地域で差が出来たのも、関が原の合戦で西日本は丸餅、

東日本は角餅と分かれたという説もあるようです。

 

何気なく食べていた「お雑煮」にもいろいろな歴史や意味があったのですね。。。

お正月に「お雑煮」を食べながら、思い出してみてください。

「お雑煮」の意味を。。。!?

 

 

 

ページの一番上に戻る