お酢の効果

2018年03月20日

 

 

今日はお馴染みの「お酢」についてのお話しです。

ご家庭でお料理に活躍するお酢ですが、実は色々と効果を持っています。

では、いくつかご紹介していきますね。

食欲増進

お酢の酸味が、味覚や臭覚を刺激して、唾液や胃液の分泌を促します。

それにより、食欲増進作用を発揮します。

消化が促進されると胃もたれの予防にもなりますから一石二鳥ですね。

疲労回復効果

お酢の含まれる「クエン酸」が疲労回復にとても効果を発揮します。

クエン酸は疲れの原因となる乳酸の発生を抑制したり、取り除く効果があります。

肩こりなどは乳酸が溜まっておこります。

最も効果的な疲労の摂りかたは、お酢と同時に糖分を補給することです。

ぜひ、試してみてください。

美肌効果

お酢を摂することで体の中の血液をサラサラにしてくれる効果があります。

新陳代謝が活発になり、肌細胞の生まれ変わりが活性化され美肌を保つ効果があります。

老化の原因物質である活性酸素を取り除く力がクエン酸にはあります。

冷え症改善効果

ドロドロだった血液をサラサラにすることで、新陳代謝が活発になりますので、

血液の循環が良くなり、冷え性改善のも効果を発揮します。

寒くて冷える日は、お酢を使った料理がいいかもしれませんね。

殺菌効果

お酢に含まれる「酢酸」は強い殺菌力を持っています。

冷蔵庫がなかった時代は、食品を保存をするためにお酢が使われていました。

便秘解消効果

お酢は炭酸ガスを発生させ、腸を刺激するため、腸の動きを活発にする効果があります。

活発になると排便も促してくれると言うことですね。

高血圧抑制効果

お酢には、血圧を下げる効果とコレステロール値を正常にする効果があると

言われています。

血圧を下げる理由は酢酸にあります。酢酸が体内細胞と結合して「アデノシン」

という物質を作り出します。

アデノシンは血管を広げる効果があるので、血流がよくなり、

血圧が正常値になってゆくのです。

また、コレステロールの分泌を抑制する効果もあるので、お酢を摂ることで

高血圧とコレステロールの両方を改善にむかうことができるのです。

 

いかがでしたか?

たくさん効果がありビックリですよね。

毎日少しづつお料理に摂りいれていくだけで、健康かつ美肌が期待できますね。

酢酸で胃がやられないように、摂り過ぎにはくれぐれも気を付けましょう。

 

 

ページの一番上に戻る