お米の保管

2018年06月24日

 

ルナ整骨院では産後の骨盤矯正も行っております。

産後の骨盤の歪み、腰や股関節の痛みが

一度の施術で効果を実感していただけます。

キッズスペースやバウンサーなどもご用意しておりますので、ご安心ください。

ベビーカーのまま入っていただくことも可能です。

お電話またはネットからのご予約お待ちしております。

 

食品の保存方法が気になる時期ですよね!

みなさんはお米をどこに保存していますか?

常温保存の人も冷蔵保存の人もいるのではないでしょうか?

結論からいうと・・・冷蔵保存がベストです。

 

15℃以上になると、お米の酸化が進み、味、品質が落ちてしまいます。

お米にも賞味期限があるんですよ~

常温での保存(精米日から)

冬場、、2ヶ月

春、秋、、1ヶ月

夏場、、2週間

だそうです。

冷蔵保存だと虫がついてしまう心配もありません。

野菜室でも冷蔵庫でも大丈夫です。

 

(ありがちな保存方法の間違い)

1、シンク下に保管

シンク下で配管が出ている場所は、

湿気などでカビなどの心配があり食品保管はNGです。

2、買ってきた袋のまま、ゴムや袋止めを使い保存

米袋には小さな穴がたくさんあいています。

密閉容器に保管しましょう。

 

お米以外にも、お醤油、酒、みりんなども冷蔵保存が望ましいです。

ボトルをみてみてください。

開封後は(できるだけ)冷蔵庫に保存してくださいと書かれています。

 

安全に美味しくいただくために、食品の保管に気をつけて、

梅雨~夏場を乗り切りましょう。

 

 

 

ページの一番上に戻る