お尻のコリ

2018年05月7日

 

骨盤矯正・姿勢分析・猫背矯正・顎関節矯正や、交通事故施術など、

お悩みのある方は、ルナ整骨院までご相談くださいませ。

キッズスペースやバウンサーもご用意しておりますので、ご安心ください。

年中無休、駐車場4台完備。ネット予約も随時行っております。

 

 

 
他のパーツより冷たいと感じたことはありませんか?
 
それは、お尻の血行が悪くなっているせいかも。。。
 
あまり注目されていませんが、
 
肩や腰のようにお尻もコリが溜まりやすい部位なので、
 
ストレッチでしっかりほぐしてあげましょう。
 
 
 
一見すると柔らかそうなお尻ですが、実はコリやすいポイント。
 
お尻の筋肉は全身の筋肉の中でも特に大小さまざまな筋肉が存在し、
 
基礎代謝や下半身のバランスを維持する上で大きな役割を担っているため、
 
コリが慢性化してしまうといろいろな問題が起こる可能性が。。。

 

・冷え性(下半身の血行が悪くなることで全身に冷えが広がる)

・むくみ(血行が悪くなり水分の排出がスムーズに行われなくなる)

・下半身太り(代謝がダウンして脂肪を蓄積しやすくなる)

・O脚・X脚(コリが股関節周りの筋肉に影響して骨盤が歪みやすくなる)

・腰痛(骨盤の歪みから腰にかかる負担が大きくなる。坐骨神経痛を刺激することも)

・不眠(血流が悪くなることで体温が下がりスムーズに入眠できなくなる)

・タレ尻・扁平しり(お尻の筋力が衰えると下垂・ハリ不足の原因に)

・セルライト(血行不良、冷え、むくみによってセルライトが引き起こされる)

 

このようなことにならないためにも、

ストレッチでお尻の筋肉をほぐしておきましょう。

 

 

(こんな時にお尻のストレッチがオススメ)

 

激しい運動や重労働をしなくてもお尻の筋肉は疲れています。

例えば、長い時間座りっぱなしのとき、運動不足のとき、

うつ伏せでリラックスしているときでさえも、

実はお尻が柔軟性を失う状況なので要注意です。

しかも、お尻のコリといってもほとんど痛みがなく、

脂肪の上から押したり揉んだりしたところで

凝っているのかどうか判断しづらいもの。

大丈夫だろうと思っているうちにお尻にたっぷりと

疲れを溜め込んでいる可能性があるので、

こまめなストレッチで筋肉をゆるめてあげましょう。

オススメはリラックスタイムやお風呂上がりに行うこと。

時間があるときは股関節や脚のストレッチも取り入れて、

下半身全体の筋肉にアプローチしてください。。。

 

ページの一番上に戻る