「ヌカイロ」手作りしてみませんか?

2018年10月24日

佐倉市ユーカリが丘にありますルナ整骨院です。

朝晩、冷え込んできましたね。

寒くなると体の不調を感じる方が増えてきます。

ルナ整骨院では痛みのある部位の施術はもちろん、

「姿勢」を切り口にした怪我の予防、体質改善などのアドバイスも行っております。

今までにいろいろな施術をしても痛みがとれない方、ぜひ一度ご相談ください。

ネットからのご予約も随時受付しております。

 

お米を精米する際に必ず出てくる米ぬか。

実は多くの効能を持つ米ぬかは、昔から生活の

いろいろな場面で活用されてきました。

米ぬかを撒いての掃き掃除や、自然の洗剤として洗い物に利用したり、

保湿効果を活かして入浴や洗顔に使われてきました。

そんな米ぬかを使って、自然素材で柔らかな温かい「カイロ」を作ることができるんです。

 

作り方は簡単!

いりぬか・玄米・塩を2:2:1で混ぜて、手ぬぐいやさらしのような木綿の布袋に入れて縫うだけ。

※生の米ぬかが手元に有る場合は、ポロポロになるまでフライパンで炒めましょう

 

米ぬかには空気中の湿気を吸って、加熱されると熱と一緒に放湿するという働きがあります。

しっとりした温かさは、より体の奥まで届くといわれています。

使う時は焦げに注意しながらレンジで1~2分加熱します。

一度のレンジで温かさが持続するのは30分程度。

パソコンで目が疲れた時や、少し腰を温めたい時にちょうどいいですね。

米ぬかの香りでリラックス効果もありそうです。

お布団の中などで使う場合は、1時間程度温かさが感じられます。

 

肩用と長方形のシンプルなものがあれば、同時に腰やお腹、足を温めるのに使えて、

全身ぽかぽか。

冷えや日ごろの疲れがたまっている人へ、優しさを届けるプレゼントとしてもぴったりです。

焦がしさえしなければ、1年は繰り返し使えますよ!

皆さんもお気に入りの布で手作りしてみませんか??

 

ページの一番上に戻る