佐倉市|交通事故|日曜診療|浴衣

2018年07月9日

梅雨が早くあけてしまった分、

今年の夏は、長く、今日も照り付ける太陽が

容赦なく襲い掛かってきます。。。

暑さだけでもウンザリなのに、

普段から慢性的に腰痛で悩まされている方、

ひどい生理痛で毎月ウンザリな方、

左右の肩の高さが違う方、

ゆがんでいる骨盤を正しい位置にもどして、

根深い痛みとサヨナラしましょう。

ルナ整骨院に是非、お任せください。

 

 

浴衣な夏に着る最もラフな着物で、

元々は湯上りに着る室内着でした。

しかし最近は浴衣の柄や素材の変化により、

夏になるとお祭りや花火大会など内外問わず

浴衣を見かけるようになりました。

また、普通の着物より簡単に着付けでき、

価格も手頃なことから特に若い世代や

外国人に人気の夏の定番着物です。

 

(若い世代に人気)

浴衣な安価で着付けも簡単なため

日本人に最も受け入れられており、

子供からお年寄りまで幅広い人気です。

浴衣は元々湯上りに着用していた着物なので、

涼し気に見えるよう、白地や藍地、

紺地に秋の草花を染めた柄が一般的です。

しかし現在では和服ブームに伴い10代から20代対象の

洋服ブランドもこぞって浴衣を制作・販売し始め、

原色ベースのカラフルなプリントを施したものも多く出回っています。

昔からある白地や紺地に古典模様の浴衣は古典的、

今風の鮮やかな彩りの浴衣はブランド浴衣と言われます。

 

 

(夏の知恵)

普通の着物で付けるような長襦袢などは基本的につけません。

しかし、麻の浴衣など透けやすい素材で作られている浴衣は

付けた方が良いでしょう。

また、染め方により格のある浴衣も存在します。

そのような浴衣で外出する際は、

着物と同じように下着や衿元を重ねた装いにする必要があります。

 

 

浴衣には暑い日本の夏を快適に過ごす工夫が凝らされています。

例えば、古典的な浴衣には、紺地と白地が多く見られます。

白地の浴衣は昼用で、家の中で着ると真夏でも涼しく過ごせます。

紺地の浴衣の場合は、紺色に染めるために使われている

藍の香りを虫が嫌うことから、虫の多く出る夕方から夜にかけて

着用するのが良いとされています。

浴衣には暑い夏を快適に過ごすための

日本人の生活の知恵が染み込んでいるのです。

 

今年の夏は、皆さんも、浴衣を着て

何処かへお出かけしてみてはいかがでしょう。。。

 

 

 

 ルナ整骨院は土日、祝日も診療受付しております。

交通事故患者様は夜8時まで受付(予約制)です!

キッズスペース、ベビーカーでのご来院もOK!

毎日 午前 9:00~12:00

午後 14:00~19:00(交通事故の方は20:00まで)

までの受付になります。

これに伴いスタッフが交代でお休みになりますので、ご指名やご予約はお早めにお取りください。

ご迷惑おかけ致しますがこれからも当院をよろしくお願い致します。

スタッフ一同お待ちしております。

ご予約はこちらへ

✩ルナのおすすめ治療✩

からだの土台となる骨盤矯正

肩こりや頭痛改善の猫背矯正・姿勢矯正

出産後の骨盤の開きに産後の骨盤矯正

痛みや神経痛、冷え症や婦人科疾患に鍼灸治療

首や肩の痛み、寝違えや五十肩

他にも交通事故治療(むちうち)やスポーツ外傷に特化した最新高電圧治療器

ユーカリが丘駅に今までになかった整骨院鍼灸院を目指して!

佐倉市、ユーカリが丘、西ユーカリが丘、南ユーカリが丘、上座、宮ノ台、井野、志津、西志津、下志津、中志津、染井野、勝田台、臼井、臼井田

などから多数ご来院頂いております。

そしておかげさまでm(__)m

口コミランキング第1位を獲得いたしました!

 

 

 

佐倉市ユーカリが丘ルナ整骨院鍼灸院|お問い合わせはこちら

ルナ整骨院鍼灸院電話番号043-308-3373

トップへ戻る

エステサロンDiana。フェイシャルエステ、痩身ボディ、美容鍼、ブライダルエステを、ぜひご体験ください!