七草がゆ

2018年01月4日

こんにちは♥ルナ☽整骨院です。 

当院では、交通事故治療も行っておりますので、是非、ご来院お待ちしております。

一連の正月行事の締めとして、1月7日の朝、「七草がゆ」を食べる習慣が日本にはあります。七草がゆは、その名の通り「春の七草」と呼ばれる具材をいれたお粥のことです。

受験などで丸暗記した記憶はないでしょうか。

七草がゆを食べることで、1年間の無病息災への祈りを込める意味があります。

春の七草に込められた意味

・芹(せり):競争に競りかつ

・薺(なずな):なでて汚れを取り除く

・御形(ごぎょう):仏の体をあらわす

・繁縷(はこべら):茎に葉がたくさんつく→繁栄をあらわす

・仏の座(ほとけのざ):仏の安座

・鈴菜(すずな):神を呼ぶための鈴

・清白(すずしろ):汚れのない清白

地域によっては七草の種類が増えたり、減ったりします。

ただ、七草ひとつひとつに意味が込められたように、七草がゆには、家族が1年通して元気に過ごせることを祈ってお粥を頂く習慣であることは変わりません。

1月7日に七草がゆを食べる由来には、「節句」という言葉が深く関係しています。

最近はなじみが薄いかもしれませんが、「節句」とは、無病息災を祈って邪気を覗く節目となる季節の変わり目のことをいいます。

節句は1年で5回あり、1月7日も「人日(じんじつ)の節句」と呼ばれる節句のひとつです。

中国から、人日の節句に7種類の野菜を食べて健康を祈った風習が日本に伝わり、七草がゆが定着しました。

昔の風習を知って七草がゆを食べるのもいいですが、おせち料理やお正月の御馳走で胃腸も疲れ気味。

疲れた胃腸を休めるのに、ちょうどいい七草がゆで新年を気持ちよく過ごしたいですよね。

 

ルナ整骨院は土日、祝日も診療受付しております。

交通事故患者様は夜8時まで受付(予約制)です!

キッズスペース、ベビーカーでのご来院もOK!

毎日 午前 9:00~12:00

午後 14:00~19:00(交通事故の方は20:00まで)

までの受付になります。

これに伴いスタッフが交代でお休みになりますので、ご指名やご予約はお早めにお取りください。

ご迷惑おかけ致しますがこれからも当院をよろしくお願い致します。

スタッフ一同お待ちしております。

ご予約はこちらへ

✩ルナのおすすめ治療✩

からだの土台となる骨盤矯正

肩こりや頭痛改善の猫背矯正・姿勢矯正

出産後の骨盤の開きに産後の骨盤矯正

痛みや神経痛、冷え症や婦人科疾患に鍼灸治療

首や肩の痛み、寝違えや五十肩

他にも交通事故治療(むちうち)やスポーツ外傷に特化した最新高電圧治療器

ユーカリが丘駅に今までになかった整骨院鍼灸院を目指して!

佐倉市、ユーカリが丘、西ユーカリが丘、南ユーカリが丘、上座、宮ノ台、井野、志津、西志津、下志津、中志津、染井野、勝田台、臼井、臼井田

などから多数ご来院頂いております。

そしておかげさまでm(__)m

口コミランキング第1位を獲得いたしました!

佐倉市ユーカリが丘ルナ整骨院鍼灸院|お問い合わせはこちら

ルナ整骨院鍼灸院電話番号043-308-3373

トップへ戻る

エステサロンDiana。フェイシャルエステ、痩身ボディ、美容鍼、ブライダルエステを、ぜひご体験ください!